お問い合わせ
KDDI労働組合

What's New

  • ホーム
  • What's New
  • 連合•教育文化協会共催 第19回「私の提言」の募集について

掲載:2022年5月9日 (月)

連合•教育文化協会共催 第19回「私の提言」の募集について

 連合は、結成30年を迎えた2019年に、中長期的な方針として連合ビジョン「働くことを軸とする安心社会-まもる・つなぐ・創り出す-」を策定しました。コロナ禍の中で、変化に対応した新しい労働運動のスタイルの構築を目指しています。すべての働く仲間とともに「必ずそばにいる存在」となるべく、組合員の皆様、学生の皆様、様々な方々の幅広い視野でのご意見を募集するため、「私の提言」を募集します。


(1)募集テーマ
 「働くことを軸とする安心社会-まもる・つなぐ・創り出す-」の実現に向けて連合・労働組合が今取り組むべきこと

(2)応募資格
 どなたでも応募できます。
(組合員、組合OB、学生、労働組合未加入者等)

(3)応募方法
①応募先
 MSWord(doc、docx)、PDFを用い、Web投稿フォームから各自応募してください。
【投稿フォーム】 
 https://www.rengoilec.or.jp/event/ronbun/entry/

②応募締切
 2022年7月25日(月)必着

③その他(注意点)
 提言はオリジナルで未発表のものに限ります。
(新聞、雑誌、書籍、報告書などに発表したものは応募できません)

※過去の応募提言のテーマや入賞者は、教育文化協会のホームページの「文化事業→ 私の提言」の欄に掲載されています。
(公益社団法人 教育文化協会(ILEC) INSTITUTE OF LABOR EDUCATION & CULTURE (rengo-ilec.or.jp))

(4)表彰について
①選考
 第19回「私の提言」運営委員会で審査します。優れた内容の提言は、連合運動への反映・実現をめざします。
※「文章表現」「具体性」「独自性」「社会性」「現実性」を重視して審査します。

②発表
 2022年9月15日(木)
※教育文化協会ホームページで入賞者名・提言タイトルが発表され、後日、入賞提言が全文掲載されます。

③表彰
・優秀賞:表彰盾と副賞20万円
・佳作賞:賞状と副賞10万円
・奨励賞:賞状と副賞 3万円
・学生特別賞:賞状と副賞 月1万円の奨学金×12ヶ月

④その他
・連合第88回中央委員会 (2022年10月6日)で表彰予定です。
・応募者には、もれなく記念品を進呈されます(除く、入賞者)。ただし、過去の応募の内容と類似していると判断された場合や著しく文字数が規定より足りない場合は、審査対象外となり、応募記念品贈呈の対象外とさせていただきます。
・共同で執筆された場合、表彰・記念品の進呈は代表者のみに行います。
・学生特別賞は、2022年9月時点で、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校、各種学校など、各学校に在籍している方が対象です。

3.応募に関する問い合わせ窓口
 公益社団法人 教育文化協会 第19回「私の提言」募集係
 ●e-mail:info-ilec@sv.rengo-net.or.jp
 ●電話:03-5295-5421

最近の記事一覧

公開記事

掲載:2022年9月11日 (日)

 情報労連が主催する「明日知恵塾」は、仕事のやりがいや楽しさ、大変さなどを社会人と学生とが直接意見交換する取り組みです。 企業側と新卒学生とのミスマッチを軽減するために、就職活動だけではわからない「働くこと」のリアルを知…続きを読む

以前にご案内しました、「ストップ!児童労働キャンペーン2022」レッドカードアクションへのご協力ありがとうございました。 「ストップ!児童労働キャンペーン2022」レッドカードアクションへのご協力をお願いします。  世界…続きを読む

 連合は、結成30年を迎えた2019年に、中長期的な方針として連合ビジョン「働くことを軸とする安心社会-まもる・つなぐ・創り出す-」を策定しました。コロナ禍の中で、変化に対応した新しい労働運動のスタイルの構築を目指してい…続きを読む

 ロシアによる軍事侵攻により、ウクライナ各地で激しい爆撃が繰り返されています。学校や住宅、民間インフラを標的とした攻撃が続き、子どもを含む多くの国民が犠牲となり、国外に逃れた難民は150万人を超えています。 情報労連はロ…続きを読む

KDDI労働組合は、労働組合としての社会的責任を果たす立場から、情報労連が社会貢献事業や平和活動の取り組み、NPO等への支援や災害支援を目的に実施している「情報労連・愛の基金カンパ」活動に賛同し、下記のとおり取り組むこと…続きを読む

公開記事

掲載:2021年7月5日 (月)

新役員体制はこちらから