機関紙 back

2019年5月号

第23回「がんばろう!東北応援ツアー」
社会の中の労働組合として、寄り添った活動を継続し語り継ぐ

 4月19日(金)~21日(日)にかけて第23回「がんばろう!東北応援ツアー」を開催し、全国から組合員とその家族、総勢15名が参加しました。
 
【絵解き】優先度①総勢15名がツアーに参加(4.21 気仙沼市)
 
 このツアーは東日本大震災以降、震災の風化防止と被災地域に寄り添った活動として現地の視察や支援活動だけではなく、災害への備えに向けた私たち自身の防災意識の向上を目的に2012年11月から取り組んでいます。
 
【絵解き】優先度③鮪立漁港で漁業支援のボランティア活動(4.20 気仙沼市)
 
 今回、発災から8年を迎えた被災地(宮城県南三陸町、岩手県陸前高田市、宮城県気仙沼市)を視察した他、本年3月10日に開館した気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館の見学や漁業体験などを通じて現地の皆さんと触れ合い、さまざまな支援の形があることを肌で感じたツアーとなりました。
 
【絵解き】優先度②追悼施設にて献鶴(4.20 陸前高田市) 
 
【絵解き】優先度④東日本大震災遺構・津波伝承館を見学(4.20 気仙沼市)
 
 ツアーの詳細は、KDDI労組facebookでも紹介していますので、ぜひご覧ください。
 

【伊藤中央執行委員】